ブリッジ|最新のインプラント・審美歯科なら - 大阪 城彩会歯科【0120-64-6483】

クラウンブリッジの必要性

歯が欠けたり、1~2本抜けても痛みがともなわなければ特に問題を感じられない方が多くおられるようです。
しかし歯の一部が欠けることによって、やがては歯が死んでしまい全体に問題が生じることがあります。
城彩会歯科では、それらの問題の際にブリッジ治療をご提案する場合があります。

ブリッジ模型

治療のいろいろ

フルキャストクラウン

フルキャストクラウン【鋳造冠】(保険or自費)
全体を鋳造で製作された金属製のクラウン、使用金属や製作法等の違いにより保険外もある。(模型)

前装冠

前装冠~硬質レジン前装冠など~(保険or自費)
内面全体を鋳造で作った金属冠に見えるところを、白い歯の色の素材で仕上げたクラウン。いわゆるメタルボンドポーセレンは、この白い部分が陶製のものをいう。(模型)

前装冠のブリッジ及び前装冠

前装冠のブリッジ及び前装冠(保険or自費)
向かって右は金属にて土台を作り、左の犬歯はセメントにて形をととのえたケースです。そして右は単体の前装冠で、左はブリッジの前装冠です。中の金属の種類や前の見える白い部分の材料などで、その色調や強度の差があります。

フルキャストブリッジ

フルキャストブリッジ(保険or自費)
一般的に、歯が1~数本なくなった時、両隣りを削り、それを支えに橋渡しをした金属製のものをいう。本ケースは、なくなった歯の頬側を白い素材で仕上げてあり、歯肉と接触する形態である。(模型)

ページ先頭へ

医院所在地
〒547-0031
大阪市平野区平野南3-3-18 (平野スポーツセンター前)
駐車場有 6台
インプラント・矯正歯科・ホワイトニング以外のことでも、歯科に関することでしたら
何でもお問い合わせください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。
フリーダイヤル0120-64-6483